僕と兄と福島

ジェイ

じぇじぇじぇい! どーもジェイです。 最近『どこ(の国)とのですか??』 とハーフ前提で質問されることがとても多くなりましたが、 純粋な青森県八戸生まれの日本人です。

昨日から福島ロメオ城に入城しております。 芝居は今回が初めて。

しかし、今回務める役のセリフがどうやらいかつい量のようで、 『やばいよやばいよヤヴァイヨ』 と周りのメンバーから発破かけられております。

僕は現在石巻でイトナブ石巻という団体で活動しています。 若者を対象にITの切り口で教育を行い10年後を見据えてITの産業を石巻に 根付かせようという活動です。

『なぜ今石巻なのに福島のプロジェクトに?』 と聞かれます。

理由はいくつかありますが。

ひとつは福島に前職で3年間住んでいたということ。 右も左もわからぬ若造にとても良くしてくれて。 たくさんの仲間や先輩にお世話になりました。 そんな中で震災が起きた。 他の県はどんどん復興が進むが、 福島は原発の影響で問題が複雑化してしまって どちらに進んでよいかわからなくなってしまって。 『しまわきくん、ここ(福島)はもう、終わってしまったよ。』 と悲しい表情で、親と子ほど年齢が離れている先輩にそう言われて

自分が福島になにかできることはないかって

ふたつめは2個上の兄の存在。 彼は今、適合障害という状態になっています。 普段はいたって普通なのだが、仕事や何らかの状況になると、 身体に頭痛や発熱等の異変が起きます。

彼はいつも自分の感情を抑えこんで 周りに合わせてきました。 その抑えこんできたものが ついに、溢れてしまった。 医者ではない僕は、彼になにかできることはないか

福島の今の状態が以前の兄とだぶって見えました 考えて考えて、 福島と兄へなにかできること。

そして出た答えが 表現を通して感情を解放することでした。

表現する人ももちろん見ている人も感情を解放することができる『表現』。 たくさんの人に支えられてダンスを続けてきたからこそ、 たどり着いた答えでした。

抑えこんでも良い結果を生み出さない。 知らず知らずにたまっていく。 辛いことや悲しいことを知らんぷりせず認めること。 めっちゃ辛いーー!!とか、 めっちゃ悲しいーー!!って。

芝居や歌や踊りで表現してそれらを解放していきたい。

たくさんの表現を含んだロメオパラディッソという舞台は、 待っていたかのように目の前に現れました。

この機会に心から感謝したいです。

11月16日は感情を爆発させます。 これは一方通行ではなく、 来てくださったみなさんとの爆発の連鎖を起こします。

問題そのものは解決できなくても 声をあげることはできる。

みなさんと共に声をあげる日を楽しみに、 これからの稽古に励みます。

よろしくお願いします。



【READY FOR】
https://readyfor.jp/projects/lomeo

【LOMEO】
公演チケット購入ページ⇒https://www.facebook.com/lomeoparadiso?sk=app_319877448031865
Facebookページ⇒https://www.facebook.com/lomeoparadiso
Twitter ⇒https://twitter.com/lomeo_paradiso