旗揚げ公演

11月16日(土)に行いました旗揚げ公演では、昼夜2回の公演で1,450名もの方にご来場いただき、鳴りやまない拍手とともに幕を閉じることができました。
これも全て、私たちの想いと熱に反応・賛同・協力をいただいた皆さんの支えがあってこそ、この素晴らしい第1歩を踏み出すことができたと、キャスト・スタッフ一同、心から感謝しています。

ロメオは、来年5月3日(祝)4日(祝)を予定しています2回目の公演、冬の3回目の公演、福島県内外で行われるイベントへの出演などに向けて、そして3年後を目標としている、東日本大震災と復興の記念館を併設した常設シアターの建設に向けてすでに動き出しています。

ぜひこれからも引き続きロメオにご支援をいただけますようお願いいたします。

楽器、ダンス、歌、あらゆるパフォーマンスを織り交ぜた、新しいエンターテイメントを、福島出身、福島在住の男たちを中心に構成したメンバーで創ります。子どもたちをはじめ、大人たちにも憧れられるよう、後世に残せる文化を福島から創っていきます。 100年目の宝塚、60年目の劇団四季、歌舞伎、能、どれも遡れば最初に始めた人たちがいて、そこから脈々と引き継がれてきたもの。

その第1歩としての
ロメオパラディッソ旗揚げ公演です。

ストーリー

夢やぶれて都落ちしたバンド「わがままジュリエッツ」の5人がたどり着いた先は
20000年後の未来だった!?
そこはリズムとダンスとメロディをこよなく愛する「ロメオ」たちの楽園「ロメオパラディッソ」
歌を封印したロメオたちと、
音楽をあきらめたジュリエッツたちの男魂(おとこだま)が
20000年の時を超えて次第にコダマしあう。
はたしてジュリエッツたちは無事現代へと戻れるのか?
30人の男たちが贈る痛快音楽劇!

LOMEO PARADISO PROMOTION MOVIE

旗揚げ公演

場所 福島市公会堂
日付 2013年11月16日(土)
昼の部 夜の部
14時開演(13時開場)
全席自由
19時開演(18時開場)
全席自由

チケット情報

前売 学生:2,500円 一般:3,000円
当日 学生:3,000円 一般:3,500円

※チケット取扱所
中合プレイガイド(福島市)、
あきたや楽器店(福島市)、
e+(イープラス)
FBcart(フェイスブックカート)

福島市公会堂

脚本・演出:大信ペリカン(満塁鳥王一座)
音楽製作:ロメオト(ave、Shimva、nappo、YO、ITACHI、PELI、ALI)
振付:ロメオドリ(JASS、TOMOKI、SHIGE、KENTO、PAY、KINO)
舞台美術:ロメオステージ (LOMEO ALL CAST)
照明:麿由佳里(満塁鳥王一座)
音響:鈴木潤(ズン ジャパン コミュニケーション)
衣裳・メイクアップ:佐藤愛美(夢精ラヂヲ)
制作:SHIGE
宣伝写真:菅野明・菅野佑哉(フォトスタジオ ライト)
広報・宣伝映像: bambooyoudo
宣伝美術:HIDE
プロデューサー:佐藤健太、盛藤隆伸、押田一秀、五十嵐隆男、松井健治

企画:ロメオ株式会社
主催:NPO法人 ふくしま新文化創造委員会

協力:福島民報社、テレビユー福島、シティ情報ふくしま、ぶらっとWEB放送、ラグソール、いろいろアミューズメントサービス、BHIS、相馬はらがま朝市クラブ、ホワイトレイヴン、みんな共和国、みんな未来センター、ふくしま会議、助けあいジャパン、RESMILE PROJECT、復興支援センターMIRAI、イノベーション東北、ランドホー、アツシーデス、でくのぼー 他多数

後援:福島県、伊達市、田村市、会津若松市、喜多方市、国見町、石川町、鮫川村、磐梯町、中島村、川俣町、会津美里町、浅川町、棚倉町、会津坂下町、西郷村、下郷町、川内村、南会津町、玉川村、楢葉町、矢吹町、古殿町(順不同)他

製作:NPO法人 ふくしま新文化創造委員会