クラフトロメオ

旗揚げ公演の際、

舞台設備をはじめとする大道具や、身に着ける小道具類は、

すべてキャストとわずかなスタッフで作り上げていった。

道具作りの専門的な知識を持つ人も少なく、

限られた時間の中、

仕事をこなし、

稽古に出て、

寝る時間を削りながら対応するキャスト。



キャストが稽古中のときに、

暖房もほとんどない中で黙々と作業をするスタッフ。

スタッフには女性も居て、埃やペンキにまみれて作業をすることもあっただろう。

みんな頑張った。

限界が来ても、

それぞれがそれぞれを奮い立たせて、

乗り切ってきた。


でも、それが本当に正しいのか?



そのやり方で100年続けていけるのか?



つらいこと、大変なことはそのままにしない。

悔しい思いを繰り返さない。

そのために必要なことは、普段から自分を磨いていくこと。

新たなスキルを身につけていくこと。



今日、 「俺、電動丸ノコ使ったことないんだ・・・」という言葉があった。

その一言から、

新たなスキルを身につけたキャストがいる。



近い将来、大道具作りで、そのスキルを生かして負担を軽減してくれるだろう。

新たなクラフトロメオ、工具を駆使して製作物を作り上げていくロメオの誕生だ!


蔵の整備。

それはもはや「ただの稽古場の環境改善」じゃなくなってきた。

パフォーマンスだけじゃない、

ロメオが持つ個人のスキルアップ、

ひいてはロメオパラディッソのステージ作りに活きる、

実践修行も兼ねる様になって来た。
1453415_346203032187760_2041607761_n


目的があるから頑張れる。

余裕があるから覚えられる。

みんなの引き出しを少しずつ増やして、

ロメオの底力をもっともっと上げていこう!




・・・でも、スタッフさんは募集中です。⇒http://func.tv/audition2014/

パフォーマーや役者ではなく、作業技術を磨きたい!

その力を存分に発揮したい!


という方、

ぜひ力を貸してください。


楽な内容や環境ではないですが、

それを乗り越えてこその、

お客さんからの大声援や拍手の嵐があるとおもいます。



一緒にステージを作り上げる大事な仲間として取り組んでいきましょう!
1011245_346203085521088_1099370086_n

by SUGAR